LPの目的は「売上のためでしょ」と思っている方!それで大丈夫?

お客様が欲しがる心理のイメージ

想像してみてください。

これまでの経験を活かして、あなたは
「自分軸がつくれるようになる(仮)」という講座を
売っているとします。

今までの人脈にも一通りセールスして
そこそこの手応えもありましたが
提案できる先も残り少なくなり・・・

新規の顧客を増やさなければと感じ
ネットを活用した集客に手を付けようと
思いました。

早速、インターネットで調べたら・・・
どうやら、まずはランディングページが必要とのこと
見よう見まねで、ランディングページを作りました。

 

さて、問題です。

 

この物語の主人公が作ったLPの目的は、何だと思いますか?

正解を答えようと思わずに
今、あなたが、思ったことと近いものを
以下から選んでみてください。

  • A:売り上げのため
  • B:お客様のハートをつかむため
  • C:PR活動(情報拡散)のため
  • D:ABCのいずれでもない

 

どれになりましたか?
案外、答えに迷ったりしませんでしたか?

 

実はこれ、過去の私の話。

私は「サービスを売るためのページ」を
作っていたのです(つまり、Aですね)。

 

それなのに、売り上げは上がりませんでした。

なぜでしょうか??

 

お客様が欲しいと感じていない

答えは簡単でした。

私は、顧客の心理をシッカリと考え
煮詰めていなかったのです。

 

何かにお困りのお客様が

  • どんな状態にあって
  • どんなものに興味を抱き
  • 何に期待をするのか?

ということを、全く表現できていませんでした。

 

お恥ずかしい話ですが
私は「サービスを売りつけていた」のです。

 

しかし、その後
同じサービスですが
「伝え方」と「伝える順序」を整えることで
数倍の成果に・・・。

 

あの時活用した「シンプルな3点セット」

そのサービスを利用すると

  1. お悩みやお困り事に対して
  2. どのように解決できるのか?
  3. そのために何をしたら良いのか?

を分かりやすくお伝えしていること。

 

これさえ、書いてあれば
押し売りになってしまうセールススタイルとは・・・
もう、おさらばです。

 

このビジネスの基礎(感情の導線)を
私は、常に大切にしています。

 

このブログを読んでくださっているあなたへ

私の「失敗談」を読んで
どんな風に感じましたか?

 

「私、ちょっと、押し売りになっているかも・・・」

と直感で感じた方は・・・
お客様も、そう感じている可能性がありますので
少し見直してみましょう。

 

ランディングページの目的は、以下の2つです

  • 「お客様の情報を得ること」
  • 「商品やサービスを受注すること」

 

しかし・・・

その根幹に必要なものは、上記のB(ビー)
「お客様の心をつかむ」です。

 

もし、もっと知りたくなったら・・・
是非、当塾のセミナーをご活用ください。

あなたのお役に立てます。

 

  • この記事を書いた人
癒しのサロンプロデューサー金子さとし

癒しのサロンプロデューサー金子さとし

レイキやフラワーエッセンスなどの癒し系お仕事の立ち上げを得意としております。「あなた」と「コンテンツ」の強みを引き出し、ホームページ・ランディングページ・業務フロー等(情報発信~お申込み~ご決済~サービス提供)を「お客様から選ばれる」という切り口で、構築して参りました。あなたのビジネスでボトルネックになっているお悩みをお聞かせください。

-ビジネスの組立て
-, ,