どうやって独自性を出したら良いのか迷ったりしない??

どうやって独自性を出したら良いのか迷ったりしない??

私が失敗した差別化戦略

自分が選ばれるには、どうしたら良いのか?

「"あなた"から習いたい」と思われれば、お申込みをいただける!って、よく聞かない?けっこう、聞くよね?

私はかつて聞いたことがあって、考えたんだよね

自分が選ばれるには「どうしたら良いのだろう?」っと。どうかな、あなたも考えたりしない?

ちなみに、私が初めに考えたのは

 

同業者がたくさんいる

「さっきの言葉」を多く人たちが言うのは、同業者がたくさんいるからなんだよなぁ~ってこと

その中で「自分が選ばれる」必要がある。だから、多くの人が言っている
当たり前のことなんだけど

ここで、私が取った行動は次のことでした

当てずっぽうでも、いいけど
何だと思う?

 

独自性を出した

自分から買いたいと思われるには?と考え、私は「独自性」を出したんだ

「私の経験を基に作った●●は、▲▲が出来るようになります。しかも他には無いやり方なんですよ!」みたいな感じでね

『えっ、いいんじゃないの?何が違っているの?』と思った方…いる?
実はね、大きな問題があったんだよね

 

お客さまに出来ない

当時作ったサービスは「私の経験があって使えるもので、私にしか出来ないもの」だった

だから、どんなに「▲▲が出来るようになります」とアピールした所で、お客さまの心には響かない。結果、売れない

「金子さんから買いたい」と言われたいが余り、独自性の「出し方」を間違ていた

それで、私が身をもって氣づいた、お客さまが欲しくなるものとは

 

自分にも出来そうなもの

「これなら私にも出来そう」と思うものでなければ、お客さまに魅力的に映らない

例えば…
家族で快適に乗れる大型の高級ミニバン(AT車)が欲しい人に、スピード命でギアチェンジを楽しむスポーツカーは要らないみたいな感じ

じゃぁ、どうやって「あなたから買いたい」と思われればいいのか?だよね

 

サービス内容を変えない

おそらく多くの方は、同業者と同様のサービスを扱っていると思うんだよね
違うかな?そう?よかった。

初めのうちは、そのサービス内容自体に、独自性を出し過ぎない方がいい。先の私の失敗談だよね

どこで出すかと言うと「あなたがどんな人なのか」という所
具体的には

 

誰と一緒に時間を過ごすのか?

今や、たくさんの情報が溢れているけど、
多くの場合お客さまは、体験会などのお申込み前に「ちゃんと調べて」申込みをされる

あなたならどう?色々と調べない?調べるよね

もちろん、場所や時間・価格など様々な条件はあるよ。でも…

その中で「この人にする!」と決める要因は「私のこと分かってくれるかも」じゃないかな?

 

心を近くしてしまうのは?

「以前●●の経験があって、でも■■をして、▲▲になりました」のような人生経験こそ、お互いの心の距離を縮めるんだ

そして、同じような経験をしている人が読んで「共感」し、あなたのところにやってくる

あなたのビジネスの差別化は「人生ストーリー」ですると心に響くよ!というお話でした

もし今「ストーリーを作りたいけど、作り方が分からなかったら」プロフィールのURLからプレゼントしてるよ!

 

  • この記事を書いた人
癒しのサロンプロデューサー金子さとし

癒しのサロンプロデューサー金子さとし

レイキやフラワーエッセンスなどの癒し系お仕事の立ち上げを得意としております。「あなた」と「コンテンツ」の強みを引き出し、ホームページ・ランディングページ・業務フロー等(情報発信~お申込み~ご決済~サービス提供)を「お客様から選ばれる」という切り口で、構築して参りました。あなたのビジネスでボトルネックになっているお悩みをお聞かせください。

-人生超始動の秘訣
-, , ,